緑内障ってどんな病気?

スポンサーリンク

緑内障とは、目の圧力で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。視覚障害の原因の第一位となっています。

視覚障害の原因

厚生労働省 網膜脈絡膜・視神経萎縮に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書より

  1. 緑内障(24.6%)
  2. 糖尿病網膜剥離(20.0%)
  3. 網膜色素変性症(13.7%)
  4. 黄斑変性症(9.8%)
  5. その他(31.9%)

緑内障は目の視神経の障害疾患

目の圧力で視神経が障害されるとはどういうことでしょうか。眼球の後ろ部分の視神経はとても繊細にできており、この視神経が眼圧が上昇することで、圧力に耐えられなり、押しつぶされて、傷ついてしまいます。傷ついた視神経は、元には戻らず、段々と視神経の数が減ってしまい、視野がと欠けていきます。そして、病気の治療せずにほっておくと、最終的には失明に至ります。これが緑内障です。

スポンサーリンク