緑内障の種類

スポンサーリンク

緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧の高くなる原因によって種類が分けられ、大きく分けて3種類の緑内障があります。主に原発緑内障、先天緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障は、原発開放隅角緑内障原発閉塞隅角緑内障に分けられます。

眼の仕組み

主だった緑内障について簡単に解説していきます。

原発開放隅角緑内障

隅角(ぐうかく)と呼ばれる部分が広がって、眼圧が上昇する緑内障です。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。原発開放隅角緑内障には、正常眼圧緑内障と呼ばれるものもあります。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常であるにも関わらず緑内障になるケースがあります。この緑内障にかかる人は、欧米より日本人に多く、調査の結果では、緑内障の約6割が、この正常眼圧緑内障であるとわかりました。

原発閉塞隅角緑内障

隅角と呼ばれる部分が狭くなって、眼圧が上昇する緑内障です。慢性型と急性型があります。

先天緑内障

隅角が生まれつき未発達である場合に起こる緑内障です。

続発緑内障

外傷や角膜の病気、目の炎症や網膜剥離など、何かしら目の疾患のせいで、眼圧が上昇したり、薬剤の影響で眼圧が上昇することで起こる緑内障です。

スポンサーリンク